NEWS ニュース

  1. 幼稚園・保育園で、秋の運動会! リレーやかけっこで子供が失敗してしまったら、どう声かけをする?

幼稚園・保育園で、秋の運動会! リレーやかけっこで子供が失敗してしまったら、どう声かけをする?

ハペブログ

こんにちは!ハペのペペ園長です。

 

5da443a7-194b44f1

 

10月の祝日の体育の日前後は、保育園、幼稚園、学校、地域で運動会が開催されます。

5月の運動会も増えていますが、子どもの集団生活が始まると、運動会は毎年の思い出になりますね。

 

5da93bef-040b16cc 

 

運動会のはじまりは?

 

歴史を見てみると、明治時代の海軍で「きそいあそび」と言われた行事が運動会の起源の一つだそうです。

 

パパママ、ご家族で盛り上がる運動会は、お昼のお弁当やベストな場所とりなど、準備も大変。

でも、青い空に色とりどりのフラッグ、歓声と応援と笑い声あふれる運動会は、幸せな一日ですね。

 

5da93bde-dc991e38

 

 

運動会といえばかけっこ!

 

運動会といえば、「かけっこ」もメインイベントの一つです。

足の速い子は、運動会のヒーローになれる大好きな種目!

 

子どもたちがゴールに向かって一生懸命に走る姿に感動も生まれます。

 

5da93be7-a169fb21

5da93bda-2a9508e8

 

しかし本番では、あせって転んだり、よそ見をしたり、緊張したり、自分より早い子がいて1着になれない、リレーのバトンを落とした、など、何が起きるかわかりません。

 

いつもなら元気な子も、失敗してしまうとがっくりすることもあるし、大泣きしたり、怒ってしまうこともあります。

残念な思いはみんな一緒。

 

こんなときはどうしましょう?

 

 

失敗よりも、がんばった努力に目をむける

 

運動が得意な親御さんは、自分の子ができないと、こんなはずじゃない、と思ったりするかもしれません。

つい叱ったり、他の子と比べてしまうかもしれません。

 

しかし・・・

 

いつまでも泣いているんじゃない

お前は練習しないからダメなんだ

○○ちゃんは速くてすごいね

 

なんて言われたら、大人だっていやですよね。

 

こんなことを言いそうになったら、ぐっと言葉を飲み込んでみましょう。

そして、子どもが落ち込んでいたら、気持ちを受け止めてみましょう。

 

いつも練習していて、とてもがんばったのに残念だったね。次もがんばろう!

転んじゃったけれど、最後まで走れてえらかったね!

 

5da93ed5-b6e7057b

 

前向きになれる声掛けや、がんばった自分を家族が認めてくれることで、安心感を得て楽しい思い出になり、運動会が大好きになると思います。

 

失敗したことにフォーカスするのではなく、がんばったことに目を向ける。

失敗した人にも温かい言葉をかけられるような思いやりを持つ。

 

そういう大切なことも学べます。

つらいときに励ましてもらったり、温かい言葉で応援してもらったり、自分がしてもらったことを、他の人にもしてあげられるようになるでしょう。

 

5da93be3-cbbca9b9

 

どんな体験からも学びはある

 

大事なことは、どんな体験からも学べること

失敗体験が多いほど、引き出しの多い人間に成長できるとも言えます。

長い目で見れば、それが将来の生きる力になったら、親として嬉しいですね。

 

秋の行事を、ご家族みなさんで楽しくお過ごしください!

 

 

5da93bd3-548b7ede